荒らしだと思うコメントがあっても反応しないでください。巻き添えで書き込み規制がされる場合があります。
けもちゃん雑談所55 -なにか一言書き込みたいときなど- BBS総合記事 けも3雑2 けもちゃんWiki

けものフレンズ2脚本家「“優しいことが正しいことだ”という世界を作る」 監督「前のシリーズのいいところはちゃんと残して、新しいものができるといいよね」「のけものはいないを目指して」

(157)


TVアニメ「けものフレンズ2」の第1話先行上映会が、本日12月17日に東京・新宿ピカデリーにて開催された。

上映前にはコウテイペンギン役の根本流風、ジェンツーペンギン役の田村響華、フンボルトペンギン役の築田行子というPPP(ぺパプ)メンバーの3人が元気よく登場して会場を温める。第1話上映後は前後半に分けてトークが行われ、前半にはサーバル役の尾崎由香、カラカル役の小池理子に加え、監督の木村隆一、シリーズ構成・脚本を務めるますもとたくや、アニメプロデューサーの沼田心之介、テレビ東京プロデューサーの細谷伸之が登壇した。

イベントへの登壇が初めてという小池は緊張した様子。自身が演じるカラカルについては「どのくらいお話に関わる役か知らなかったので、こんなにメインでやらせていただけるんだ!ってびっくりしました」と言い、尾崎も「私もそうだった! サーバルがあんなにセリフをしゃべるって知らなくて、台本にマーカーを引くのを途中でやめたんです(笑)」と、第1作「けものフレンズ」当時のエピソードを語った。

小池が「初回のアフレコのときも本当に緊張してたんですが、行ってみたら先輩フレンズさんたちもスタッフさんもすごく温かくて。サーバル先輩、ありがとうございました」と感謝を述べると、尾崎は「やめてー!」と“サーバル先輩”呼びに慣れない様子。そして「新しく入ったキャストさんやスタッフさんがいても、ジャパリパークをみんな共有している感じというか、打ち解けられる感じがあるんです」とアフレコ現場の様子を語った。

木村は自身が監督に決まったときのことを「細谷さんからお電話をいただいたときは『僕!?』って思いましたが、『やるからにはがんばります』って気持ちで引き受けました」と振り返る。ますもとは「今も(自分がシリーズ構成を担当していることが)信じられない気持ちです」と話し、沼田も「最初は難しいかなと思ったんですけど、こんなにビッグな素晴らしい作品に携われることなんてないと思ったので」と引き受けた理由を語った。そして完成したばかりの1話を鑑賞したファンに向けて、沼田が「うちのCGスタッフや制作進行、撮影や編集や、スタッフのみんなが死に物狂いで作ってくれたので、皆さんから拍手をいただけたら」と呼びかけると、会場からは温かい拍手が送られた。

司会者から「けものフレンズ2」の制作にあたって心がけたことを尋ねられると、ますもとは「 “優しいことが正しいことだ”という世界を作る、ということですね」と答える。木村も「前のシリーズのいいところはちゃんと残して、新しいものができるといいよね、というのは共通の思いとしてありました」と話し、「前のシリーズが、夜中に帰って来て見てほっとするような作品だったので、同じところを目指したい」と思いを語った。一方、前のシリーズとは異なる点としてサーバル、キュルル、カラカルという3人の旅が見られることを挙げ、「違う視点が入ることで、ジャパリパークの見え方が少し変わるかと思っていて。カラカルから見たサーバルやキュルル、周りのものが新鮮に映るんじゃないかと思います」とコメントした。

トークの後半は尾崎、小池、根本、田村、築田に加え、フェネック役の本宮佳奈、アライグマ役の小野早稀、キュルル役の石川由依、カタカケフウチョウ役の八木ましろ、カンザシフウチョウ役の菅まどかも加わって賑やかに展開。まずはチームごとに分かれての「『けものフレンズ2』の最終回はどうなるか」を考えるコーナーが行われ、和気あいあいとしたトークを繰り広げた。

新キャラクター・キュルルを演じる石川は「新しく参加させてもらっても、みんなの声を聞くと『けものフレンズ』の現場だって思えて、世界を作ってくださるから、すごくやりやすかったです」と現場の様子を笑顔で語る。同じく今作から参加する菅が「本当に優しい方ばっかりで、あと一発芸も教えてくださって……」と明かすと、根本が教えたというカンザシフウチョウの一発芸を2人で披露する一幕も。「温かい現場」だと一同が口を揃える空気感を、檀上で再現してみせた。

最後は本日の出演者が勢揃いし、代表して木村、石川、尾崎より挨拶が述べられた。木村は「新しいジャパリパーク、ちょっと懐かしいジャパリパーク、いろんなジャパリパークが観られるんじゃないかと思うので、楽しみにしていてください」とコメント。石川は「こうしてイベントに参加して、ファンの皆さんの愛の強さを感じました。みんな心強くて頼もしいので、ついていけば大丈夫だなと思います」と登壇しての感想を語った。そして尾崎は「これからたくさんのフレンズが増えてくださるんじゃないかと思います。皆さんも先輩フレンズさんとして、輪を広げてもらえたらうれしいです」と呼びかけ、イベントを締めくくった。

なおイベントでは「コミックマーケット95」でのグッズ販売情報や、アプリゲーム「共闘ことばRPG コトダマン」とのコラボイベント第2弾の開催など、新情報も公開。2019年7月27日に「けものフレンズ PARTY」が千葉・舞浜アンフィシアターにて開催されることも明らかになった。また2019年に屋形船とのコラボが行われることが決定。各イベントの詳細は続報を待とう。

https://natalie.mu/comic/news/312552


444: 名無しのフレンズ 2018/12/17(月) 19:46:30.19 ID:m2GQHq47d
のけものはいないものを作りたかった

はあ?